エクラ通信

号数 配信日 タイトル・概要 PDF
No.111 2017.03.17 本当にあった相続事例⑭ 債務免除と贈与税
知人に多額の貸付金を保有する個人が、自分の生存しているうちは回収できない金額なので、このままだと相続税財産に。一方債権放棄をしようとすると、贈与税課税のリスクがあります。
PDF
No.110 2017.02.27 平成29年度税制改正② 非上場株式の評価方式に関する見直し

平成29年1月からの相続・贈与を対象に、非上場株式の評価方式が見直されます。

PDF
No.109 2017.02.17 平成29年度税制改正① 高所得者への負担重く

平成29年1月から サラリーマンの必要経費と言われる、「給与所得控除」が1,000万円超の給与所得に対して一律220万円と縮小されます。

PDF
No.108 2017.01.24 非居住者相手の不動産取引は要注意

非居住者から不動産を購入する場合、購入代金を源泉徴収せずに全額払うと、とんでもないことになります。

PDF
No.107 2016.12.22 相続税課税対象者が大幅増加

平成27年の相続税基礎控除の改正に伴い、平成27年度の相続税課税対象者は4.4%から8%にまで増加しました。

PDF
No.106 2016.12.20 本当にあった相続事例⑬相続登記

不動産の相続登記を怠ると、あとでとんでもないトラブルになることがあります。

PDF
No.105 2016.11.10 相続税逃れの海外移住は規制

政府・与党は来年度の税制改正で、10年以上海外に居住していていない人には海外資産にも相続税(贈与税)をかける案を検討しているようです。

PDF
No.104 2016.11.08 タワマン節税がけん制

タワーマンションの高層階は、分譲価格(時価)と固定資産税評価額の乖離が大きく、相続税対策に注目されています。来年度の税制改正で、高層階のマンションの課税評価額を実勢に合わせて上げることが検討されています。

PDF
No.103 2016.11.01 名門鳩山家の相続

鳩山由紀夫・邦夫兄弟の母・鳩山安子さんは、ブリジストン創業家の出身で、夫の鳩山家からの相続資産以上の資産を実家から相続しています。特にブリジストン株式を株価が安い時に息子たちに生前贈与し、より多くの資産を継承することに成功しています。

PDF
No.102 2016.10.28 田中角栄元総理のレガシーは「目白台運動公園」

1993年になくなった田中角栄元総理の相続税は約65億円、全額は現金で納付できなかったため、目白御殿の一部は物納されました。それが、今や目白台運動公園として都民の憩いの場として残っています。

PDF

ページトップ