エクラ通信

号数 配信日 タイトル・概要 PDF
No.143 2018.02.20 税制改正②小規模宅地特例の見直し

特定居住用宅地等の評価減80%を狙っての節税対策を封じ込めるため、「家なき子」の範囲が見直されます。

PDF
No.142 2018.02.15 税制改正①一般社団法人を利用した節税封じ

簡単に設立できるようになった一般社団法人の持分がない特徴を利用しての相続税対策が広まっているとして、今年の税制改正では、その対策封じが予定されています。

PDF
No.141 2018.01.19 セルフメディケーション税制

今年の確定申告から、健康診断を受けているなどの要件を満たす方が、対象となる市販薬の購入額が1万2,000円以上の場合を対象に医療費控除の特例が設けられました。

PDF
No.140 2018.01.11 広大地の評価改正

三大都市圏では500㎡以上の広大地の評価方法が改正され、旧制度の補正率が大幅に減額されます。

PDF
No.139 2017.12.27 家族信託とは

親や自分が認知症になる前に、成年後見制度よりも使い勝手がいいとされる、家族信託も検討してみましょう。

PDF
No.138 2017.12.22 非居住者の民泊業

非居住者が日本で民泊業する例も見られますが、課税はどうなっているのでしょうか。

PDF
No.137 2017.12.15 民泊サービスの課税

2018年6月の民泊新法施行前に活発になる民泊サービスを、個人で営んだ場合の課税関係について考えてみました。

PDF
No.136 2017.12.07 日本で骨を埋めたくない外国人

日本に10年以上居住していると国外財産を含めて日本の相続税の対象となることを理由に、日本から脱出する外国人もでてきました

PDF
No.135 2017.11.28 収益不動産(建物)の法人化

収益物件の建物を保有する法人を設立し、所得の分散することを検討しました。

PDF
No.134 2017.11.21 収益不動産(建物)の贈与

アパートの建物を子どもに贈与して、家賃収入を子ども世代に移転することを検討してみましょう。

PDF

ページトップ