エクラ通信

号数 配信日 タイトル・概要 PDF
No.151 2018.06.21 贈与税の時効②

不動産の贈与契約から7年たってから贈与登記した事例で、贈与は贈与登記時として、贈与税の時効が認められなかった事例の紹介です。

PDF
No.150 2018.06.15 贈与税の時効①

生前に被相続人が子供たちの借金を肩代わりした事例で、立替金の免除で死因贈与として相続税を課税したい税務署に対し、判決は贈与としました。

PDF
No.149 2018.06.05 相続で争点となる「特別受益」とは?

被相続人から生前に特別な利益を得ていた相続人がいた場合、他の相続人との間で不公平が生じないよう調整する一定のルールがあります。

PDF
No.148 2018.05.25 相続で認められる「寄与分」とは?

被相続人の財産の維持や増加に貢献した相続人には、他の相続人より優遇する寄与分という制度があります。

PDF
No.147 2018.05.07 税制改正④個人所得課税の所得控除等

2020年から給与所得控除が10万円引き下げ、基礎控除が10万円引き上げ、給与所得控除の見直しなどの改正が決まりました。

PDF
No.146 2018.04.19 税制改正③事業承継税制の特例

使い勝手の悪いとされた事業承継税制が、100%まで納税猶予の適用対象となり、適用しやすく改正されます。

PDF
No.145 2018.03.23 相続税法の見直し②遺言の保管制度

今回の民法の見直し案では、遺言を廻るトラブルや争族の減少を目指し、自筆証書遺言の保管制度も創設されます。

PDF
No.144 2018.03.22 相続の民法見直し①配偶者居住権

40年ぶりの民法改正案が国会に提出され、相続分野では、配偶者居住権が創設されることになります。

PDF
No.143 2018.02.20 税制改正②小規模宅地特例の見直し

特定居住用宅地等の評価減80%を狙っての節税対策を封じ込めるため、「家なき子」の範囲が見直されます。

PDF
No.142 2018.02.15 税制改正①一般社団法人を利用した節税封じ

簡単に設立できるようになった一般社団法人の持分がない特徴を利用しての相続税対策が広まっているとして、今年の税制改正では、その対策封じが予定されています。

PDF

ページトップ