エクラ通信

号数 配信日 タイトル・概要 PDF
No.061 2015.05.07 相続トラブルの原因①~相続税の変遷

今年から大増税とされている相続税ですが、実は、つい30年前のバブル崩壊頃は、大変な重税だった時期がありました。

それから減税と資産デフレで、最近まではかなり相続税負担は軽くなっていました。

PDF
No.060 2015.04.24 相続の事例⑤ーマイケル・ジャクソンの遺言

稀代のスーパースターは、自分の遺言書も周到に準備していました。日本とアメリカとの違いはありますが、参考にしたいものです。

PDF
No.059 2015.03.26 相続の事例④~ホイットニー・ヒューストンの場合

アメリカの相続事情は、遺留分はなく、遺言書通りに執行されるという制度で、日本とは、やや異なります。

PDF
No.058 2015.03.23 相続の事例③~タイトーの場合

日本国籍もない非住居者であっても、居住者の被相続人からの相続の場合は、国外財産も含めて全財産に日本の相続税がかかることになりました。

PDF
No.057 2015.03.20 争族の事例② 一澤帆布工業の場合

2通でできた遺言書で、兄弟間で経営権を争った一澤帆布工業の事例を見てみましょう。

PDF
No.056 2015.02.19 争族の事例①~ニトリの場合

相続のトラブルの一例として、「遺産分割協議書」の有効性で争われた争族の事例を解説します。

PDF
No.055 2015.02.13 結婚・子育て資金の一括贈与の非課税制度

平成27年税制改正の注目点の結婚・子育て資金1,000万円まで非課税の制度は、教育資金贈与との違いがあります。

PDF
No.054 2014.11.21 日本も「出国税」を検討へ

海外へ移住する時に株式等の未実現のキャピタルゲインに課税する制度が、日本でも検討されています。

PDF
No.053 2014.11.10 相続税教室(7)生命保険を使う

生命保険に、は節税よりむしろ争族対策に有効な機能があります。

PDF
No.052 2014.10.30 相続税教室(6)タワーマンションの評価の不思議

究極の相続税評価圧縮がとれるタワーマンション。その評価減のカラクリを紹介します。

PDF

ページトップ