エクラ通信

号数 配信日 タイトル・概要 PDF
No.066 2015.06.15 日本の住宅は何故下がる?③~人口減と空き家問題

全国には820万戸もの空き家があり、防災・防犯上も放置できない社会問題ともなっています。

それに対して各自治体の空き家条例は、空き家対策特別措置法が制定されました。

PDF
No.065 2015.06.11 日本の住宅は何故下がる?②~住宅流通市場の課題

日本の住宅流通市場で、新築住宅が圧倒的に多く中古住宅の占める割合は14%に過ぎません。

中古住宅市場に対する信頼感がなく、優良物件が集まらない悪循環をかえられるでしょうか。

PDF
No.064 2015.06.05 日本の住宅は何故下がる?~①スクラップ&ビルドの文化

平均27年経つと取り壊してしまう日本の住宅に比べて、欧米では長い間住宅をメンテナンスをして資産形成をしています。

日本の中古住宅の流通市場はなぜ育たないのでしょうか。

PDF
No.063 2015.05.20 相続トラブルの原因③~超高齢社会のリスク

介護が必要になったり認知症になったりするリスクの高い、平均寿命と健康寿命の差が広がっています。

これは相続トラブルの原因にもなることを認識しなければなりません。

PDF
No.062 2015.05.15 相続トラブルの原因②~少ない資産を奪い合う

家裁における遺産分割事件は増加傾向にあり、しかもその75%が遺産価格が5,000万円以下の金額です。

分割できない自宅とわずかな預貯金を奪い合うケースも多いようです。

PDF
No.061 2015.05.07 相続トラブルの原因①~相続税の変遷

今年から大増税とされている相続税ですが、実は、つい30年前のバブル崩壊頃は、大変な重税だった時期がありました。

それから減税と資産デフレで、最近まではかなり相続税負担は軽くなっていました。

PDF
No.060 2015.04.24 相続の事例⑤ーマイケル・ジャクソンの遺言

稀代のスーパースターは、自分の遺言書も周到に準備していました。日本とアメリカとの違いはありますが、参考にしたいものです。

PDF
No.059 2015.03.26 相続の事例④~ホイットニー・ヒューストンの場合

アメリカの相続事情は、遺留分はなく、遺言書通りに執行されるという制度で、日本とは、やや異なります。

PDF
No.058 2015.03.23 相続の事例③~タイトーの場合

日本国籍もない非住居者であっても、居住者の被相続人からの相続の場合は、国外財産も含めて全財産に日本の相続税がかかることになりました。

PDF
No.057 2015.03.20 争族の事例② 一澤帆布工業の場合

2通でできた遺言書で、兄弟間で経営権を争った一澤帆布工業の事例を見てみましょう。

PDF

ページトップ